« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

8 アロエトニックの効果

[ふさお君ブログ:009号]

いつもご愛読ありがとうございます。

******************************************
髪の毛物語―(8)
******************************************

◎「生でそのままつける」

―――――――――――――――――――――――
8 「アロエトニックの効果」
―――――――――――――――――――――――

(1) アロエの恩恵

 アロエの効用は広く知られているところであります。火傷や内臓(特に胃)に利くというのはごく一般的なところであり、私自身何度もその恩恵にあずかってきましたが、恐らく同じ経験をお持ちのご同輩も少なくないと思います。

 そんなアロエの数多い効用の中に「育毛効果」があったのであります。そこで早速その方法を調べてみるのですが、これといった資料も書物もなくナカナカみつからなかったのであります。それでもと思っていますと、「アロエシャンプーの説明書」くらいのもので、とうとう明確な資料には出会うことが出来なかったのであります。

(2) アロエトニックの使い方

それでもアロエに関する記述や人の話を総合しますと、結論は意外と簡単、「アロエは煮たり焼いたりせず、そのまま直接使用する」ということになったのであります。なるほど「シンプルイズベスト」と言うではないか、「これは真実だ。」と私は妙に納得したのであります。

そこで使い方を整理しますと、

 ・ アロエの葉の皮を剥き、直接つける方法。

 ・ アロエの葉をミキサーに掛けジュース状にしてつける。

 の2つに集約できたのであります。

 その後約2年、私は上記2つの方法を使い分けながら、アロエトニックを使い続けたのであります。

(3) アロエトニックの効果

 そこで気になる効果でありますが、

 ・ 頭皮が元気になってきた。

 ・ 産毛が生えてきた。

 ・ 元気な髪が黒くつややかになり、しっかりしてきた。

 以上のような私を喜ばせる現象が現れてきたのであります。

 そして私の闘いはその後も休むことなく、更にさらに続くのでありました。


※ 最後までお読みいただきありがとうございました。
************************************************************
◎ 発行者:ふさお君(中年・男性・O型・うお座)
◎ 毎週1回発行 
◎ ふさお君の「髪の毛奮闘記」です。
◎ どうか、「気軽に、気長に、楽しく」お付き合いください。
◎ 平成21年4月6日発行開始
************************************************************
※ 時節柄ご自愛の上、次号をご期待ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

7 育毛対策第3条 「自分に合った育毛剤を探す」

[ふさお君ブログ:008号]

いつもご愛読ありがとうございます。

******************************************
髪の毛物語―(7)
******************************************

◎「ついに自前トニックの製造へ」

―――――――――――――――――――――――
7 育毛対策第3条 「自分に合った育毛剤を探す」
―――――――――――――――――――――――

(1) 決め手が欲しい

 年々心細くなる頭髪を何とかしたいと思う人にはやはり、「これが利く」という決め手が欲しいものであります。なんと言いましてもその筆頭にくるのが「育毛剤」でありましょう。

 私の場合も例外ではなく、テレビコマーシャルや広告でもすぐに目につくのが「抜け毛防止・育毛・発毛etc」でありまして、記述のようにほぼ手当たり次第に買い求めては試し続けてきたのであります。

(2) 市販育毛剤を断念

中でもA社・B社・C社の3製品は積極的な宣伝にも釣られたり、幾ばくかの効果を感じたこともあり、5年10ヶ月の長期に渡り使い続けたのであります。

そうこうして、ナカナカ効果が実感できないまま日々を過ごすうちに、遂には「市販育毛剤は効き目がない」という結論に達したのでありました。

(3) 自前トニックの製造

 市販育毛剤を断念した私は、それで育毛対策も断念したかと申しますと、全くそうでななかったのであります。次の挑戦はその頃出回っていました「育毛効果あり」の情報を、一つ一つ試してみることにしたのであります。つまり、

 米ぬかをつける。

 アロエトニックを製造する。

 生姜トニックを製造する。

の3方法に挑戦することになりました。

 毎度申し上げていることではありますが、我が育毛対策の基本精神は「継続は発毛なり」でありますから、1つ試す毎に3ヶ月~6ヶ月、或いは1年以上と長い期間がかかるという、誠に気の長い話になるわけでありますが、反面そうでなければ「真の効果が確認できない」という、この取り組みならではの問題がついて回るのでありました。

(4)米ぬかの失敗

 その中で米ぬかは最も短期間で中止した事例でありました。その理由は、・つけ方が要領を得ない。 ・つけた後に汚れが残る。 ・入手が容易でない。等々の理由で、約半月程で使用を中止することになったのであります。

 このように、試行錯誤を続けながらの闘いは「自前トニックの製造と活用」に入っていくのでした。

 そして私の闘いはその後も休むことなく、更にさらに続くのでありました。


※ 最後までお読みいただきありがとうございました。
************************************************************
◎ 発行者:ふさお君(中年・男性・O型・うお座)
◎ 毎週1回発行 
◎ ふさお君の「髪の毛奮闘記」です。
◎ どうか、「気軽に、気長に、楽しく」お付き合いください。
◎ 平成21年4月6日創刊審査通過、発行開始
************************************************************
※ 時節柄ご自愛の上、次号をご期待ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

6 育毛対策第2条 「よくマッサージする」

[ふさお君ブログ:007号]

いつもご愛読ありがとうございます。

******************************************
髪の毛物語―(6)
******************************************

◎「あきらめない限り失敗はない」

―――――――――――――――――――――――
6 育毛対策第2条 「よくマッサージする」
―――――――――――――――――――――――

(1) 清潔にした後は

 髪をよく洗い頭皮を清潔にした後、私のやったことは入念なるマッサージであります。

 そして、専門知識とは程遠い私が考えましたことは以下のようなことでした。それは、樹でも草でも栄養のよい土壌と丈夫で元気な根っこがあればすくすく成長するし、幹も葉も逞しく元気に育つ。髪の毛だって同じゃないか?まず毛根に栄養を行き渡らせ発毛を助けることが出来れば、そうして栄養が届けば毛根も元気になり抜け毛も少なくなり、発毛を促進することが出来るのではないか・・・?ということであります。

(2) 指圧とマッサージの方法7か条

そこでどうすればいいか・・・? まず「よくマッサージすることだ」と、さも大発見をしたかのように大きく手を打ち、それに精力を注ぐことになったのです。 その方法は以下のとおりです。

1) 左右のコメカミを親指で同時に強く押す。つまり指圧であります。

2) 風池(後頭部と首筋との境にある、窪んだ部分)を左右の親指で同時
   に強く押す。

3) 左右のコメカミから徐々に頭頂部の百会に向かって小さな円を描くようにモミながら、約1cm刻みで進み、最後に百会を強く指圧して、丸く円を描くようにマッサージする。

4) 後頭部左右の風池の真ん中から頭頂部百会に向かって上記3)と同じ方法でもみ上がりながら、最後に百会を強く指圧してマッサージする。

5) 額の真ん中から上記4)と同じように頭頂部百会に向かってもみ上げ、最後は百会を指圧してマッサージするところまで、同じ方法で繰り返す。

6) ここまで1)から5)までを各々5回を1セットとして繰り返す。(私の場合は最低1セット、時間があるときは3セットまで)

7) 最後に両手の指を広げ、頭全体を左右半分ずつ掴むようにして指の腹で押さえ、頭皮を掴むように円を描くようにマッサージをする。これを100回まで続ける。

 以上を連続して実行しますと頭全体がポカポカしてきますので、そこまでやれば効果的であります。

(3) フサフサの髪をイメージする

 以上のことを実行する時にもう一つとっても大切なことがあります。それは「自分の髪がフサフサになっている状態をイメージしながら続けること」です。決してハゲや薄毛を連想したり、嘆いたりしないという事です。そして必ずフサフサになることを「信じて」実施することであります。

 そして後はひたすら続ける事であります。「継続は発毛なり」であります。

 「失敗とは諦めた時に確定する。諦めない限り、成功への道を進んでいるのだ。」という言葉を自分に言い聞かせながら、黙々と続けるのであります。

 このようにして私の闘いはその後も休むことなく、更にさらに続くのでありました。


※ 最後までお読みいただきありがとうございました。
************************************************************
◎ 発行者:ふさお君(中年・男性・O型・うお座)
◎ 毎週1回発行 
◎ ふさお君の「髪の毛奮闘記」です。
◎ どうか、「気軽に、気長に、楽しく」お付き合いください。
◎ 平成21年4月6日発行開始
************************************************************
※ 時節柄ご自愛の上、次号をご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

5 育毛対策第1条 「髪をよく洗い頭皮を清潔にする」

[ふさお君ブログ:006号]

いつもご愛読ありがとうございます。

******************************************
髪の毛物語―(5)
******************************************

◎「清潔こそ髪の命なり」

―――――――――――――――――――――――
5 育毛対策第1条 「髪をよく洗い頭皮を清潔にする」
―――――――――――――――――――――――

(1) 同じ髪は一人もいない

 人間は10人十色でこの世に二人として同じ人はいないそうですが、どうやら髪の毛も同じ事が言えそうです。

ものの本によりますと「髪の毛」は、大括りでは皮膚の角質が分化した99%ケラチンというたんぱく質で出来ている、という点では皆一緒でしょうが、その性質・癖・色・艶・太さ・硬さ・生え方等々どれを採っても全部一致するものはないのではないでしょうか。

これも科学的根拠を持ってのお話でない事は、お詫びしなければなりませんが、ただ私が髪に注意をするようになって20余年間の実感であります。

 身近なところで、親兄弟・夫婦・友人・仕事仲間等々いずれの人々を思い起こしても夫々同じ人はいないようであります。

 それが、脱毛・薄毛・禿げ方・白髪等になりますと益々顕著で、皆さん夫々の様であります。

 因みに私の場合は頭頂が円形に薄くなり始め、ゆっくりゆっくりと減退を始めたのであります。自覚症状を覚えてから約10年間、愛しの黒髪は無常にもその姿を隠し、私の頭頂の風景は「緑の黒髪から、肌色の砂漠へ」と変容を遂げてきたのであります。

 勿論、この間も私の育毛対策は真剣に毎日まいにち続けられた事は申し上げるまでもありません。

(2) 誤った情報

 30歳代中頃のことです、「毎日のシャンプーは髪によくない。」という情報が、かなりの信憑性を持って実しやかに伝えられた事がありました。

つまり、

・ 毎日のシャンプーで髪の脂肪分が洗い流されてしまう。

・ 脂肪分がなくなると、毛根に栄養が行き渡らなくなる。

・ 頭全体がパサパサで砂漠状態となり、不毛の大地と化す。

 というものでありました。

従って洗髪は2~3日に1回、しかも洗う時は「ゴシゴシ洗ってはいけない。」というオマケまで付いていたのです。

 それなりに説得力のあるこの情報を信じた私は、少なくともその後約3年間はこれに従っていたのであります。

(3) 清潔こそ髪の命なり

 上記(2)情報が誤りであることは明白であります。今日では「髪をよく洗い頭皮を清潔にする(育毛対策第1条)」ことは常識であるにもかかわらず、当時は誤報を信じてそれを守っていたという、笑うにわらえぬ思い出が今また改めて蘇って来るのであります。

 私たちの髪は毎日多くの汚れに曝されています。無数のホコリ・煙や花粉・汗・風雨・湿気等々に襲われ汚染されているとともに、それらが大切な毛根に溜まり毛穴を塞いでしまいます。これが発毛・育毛の大きな障害になっているという訳です。

 ですから、髪と頭皮は毎日洗い、きれいに清潔にし、洗った後も何時までも濡れた状態で放置せず、湿気を取ってサラサラにすることが大切になるということが解ったのでした。

 そして髪への栄養補給は心身両面で体の内から取り込み供給する(外から補給する育毛剤は後日記)ことが大切だということが解ったのです。

 このことは、私の体験でも自信を持って言うことが出来ます。2~3日に1回の洗髪より、毎日の方が明らかに髪の元気が違っているのです。

 誤った情報に従いながら過ごした約3年を悔やみながら、その後も私の新たな挑戦は、更にさらに続くのでありました。


※ 最後までお読みいただきありがとうございました。
************************************************************
◎ 発行者:ふさお君(中年・男性・O型・うお座)
◎ 毎週1回発行 
◎ ふさお君の「髪の毛奮闘記」です。
◎ どうか、「気軽に、気長に、楽しく」お付き合いください。
◎ 平成21年4月6日発行開始
************************************************************
※ どなた様もご自愛の上、次号をご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »